スタッフインタビュー
「フォトグラファー」

私たちのゴールは
お客様がほしい写真

今回のインタビューは、フォトグラファーの小板橋さん。入社の経緯や仕事との距離感、店長としての考え方などキーワードとともに語っていただきます。

苦戦した就職活動~入社3年

私は就職活動に苦労しました。デザインを学んでいたので、広告会社や印刷会社のグラフィックデザイナーを志望していました。真面目に活動していましたが、なかなか内定にいたらず、卒業年になっても決まらず、このまま就職できないかもしれないとも思いました。でも卒業前にこの会社を受け、フォトグラファーとして入社することができました。
 
もともと写真の知識があったわけではありませんでしたが、入社後10ヶ月は写真館の受付をし、その後は結婚式場でスナップや前撮りを撮影することになりました。仕事をしながら写真を基礎から学び、3年ぐらいしたとき、今まで点で学んでいたことが線につながってきました。

店長就任とセルフコントロール

入社4年目で店長として異動を命ぜられたとき、昇進の理由が分かりませんでしたが、私は「なんで私が」とか「何を期待されているのか」とかを考えないようにしています。根がネガティブなので、マイナスのプレッシャーにならないように、必要な仕事をひとつずつこなしていくようにしています。
 
そんな私のモチベーションは、お店の売上が上がることです。売上が上がるということはスタッフの仕事がお客様に評価されたことになりますし、自分たちがやってきたことが正しかったことの「分かりやすい証明」になるからです。

お客様に自分を押し付けない

私たちの仕事は芸術家ではないので、自分にとっての「かわいい」「かっこいい」「きれい」を、お客様に押し付けないように心がけています。ゴールは「お客様がほしいと思える写真」です。ですから、自分の価値観・好き嫌いよりも、お客様の希望をや雰囲気にあわせて、自分の引き出しを目いっぱい使って撮影しています。その上でお客様の「希望以上」の写真を目指しています。

繁忙時期に韓国旅行

日常業務以外の店長業務もありますが、一緒に働いているスタッフからすると何をしているか分かりにくいので、日常業務をやらずに店長業務をするとサボっているように見えてしまいます。ですから、掃除・片付け・雑用はもちろん、受付・電話対応、セレクト業務などスタッフ全員が共有する業務は自分も例外なく担当し、店長業務は日常業務後にこなしています。
 
たいへんですが、スタッフに注意をしたときに心に響いてほしいし、心に響くためには信頼を得ないといけないので、自分を例外にしないことを心がけています。

掃除・片付け・雑用は全員で

日常業務以外の店長業務もありますが、一緒に働いているスタッフからすると何をしているか分かりにくいので、日常業務をやらずに店長業務をするとサボっているように見えてしまいます。ですから、掃除・片付け・雑用はもちろん、受付・電話対応、セレクト業務などスタッフ全員が共有する業務は自分も例外なく担当し、店長業務は日常業務後にこなしています。
 
たいへんですが、スタッフに注意をしたときに心に響いてほしいし、心に響くためには信頼を得ないといけないので、自分を例外にしないことを心がけています。

インタビュー動画
~コロナと戦った2年間~